筋トレ器具・ストレッチ器具
  TOPウェイト

シェイクウェイト・ダンベル重量+反動による負荷

シェイクウェイト自体の重さにプラスして、振ることで反動による負荷が加わり、ダンベル運動の数倍の運動ができ、効率のよいトレーニングができます。



 目次
 1. シェイクウェイトの特徴と動作
 2. シェイクウェイトの筋トレ効果
 3. シェイクウェイトの種類
 4. シェイクウェイト・ぶるぶるダンベルの詳細

シェイクウェイトの特徴と動作

シェイクウェイトの特徴

シェイクウェイトは、ダンベルのプレート部がバネのように繋がれていて、上下左右にピストンのように動きます。 シェイクウェイト自体の重量に加えて、プレート部の振動による負荷がプラスされ、これに耐えるように筋肉が働きます。 重量は軽くても、その何倍もの負荷をかけることができます。

シェイクウェイトの動作

シェイクウェイトでの代表的な運動は、両手で縦に持って、胸の前で上下に運動させます。 ダンベルの負荷に、上下左右への細かな振動の負荷がプラスされ、大胸筋、三角筋、上腕二頭筋、前腕の筋肉を刺激されます。

トレーニングの動画
トレーニングの動画が公開されているので、参考にして下さい。(外部サイト)

シェイクウェイトの筋トレ効果

乳酸が溜まってパンプアップ

シェイクウェイトでのトレーニングは、負荷がかかり続けることで、乳酸が溜まってパンプアップします。 乳酸が溜まると、成長ホルモンが分泌され、筋肉を大きくする効果が高まります。

筋トレ中級・上級者に効果的

シェイクウェイトは、速く振る(上下運動させる)ほど負荷が大きくなります。 初心者でもトレーニングの効果はありますが、速く振るには筋力が必要なので、普段から筋トレをされている方に効果的な器具と言えます。

シェイクウェイトの種類

ぶるぶるダンベル

シェイクウェイトは自分の力で振動させますが、電池で自動的に振動させる「ぶるぶるダンベル」もあります。 こちらも、振動によるブレからバランスを保とうとすることで、運動効率が多少アップします。 シェイクウェイトに比べたら、たいした負荷ではありません。

シェイクウェイト・ぶるぶるダンベルの詳細

シェイクウェイトG プロ
新搭載ターンウェイトシステムにより、振り幅を変えることで、負荷を調節できます。重量2.2kg。オリジナル英語版DVD付。

シェイクウェイトGレボ
「シェイクウェイト」のニューモデル。新たに腹筋を鍛える「シェイクエンドローラー」システムが搭載されグレードアップ。重量2.2kg。11種類のトレーニングを収録したトレーニングDVD付属。
ぶるぶるシェイプダンベル
アルインコ
1kgと2kgがあります。電源を入れるとダンベル全体が振動し、2段階に調節できます。





プライバシーポリシー