筋トレ器具・ストレッチ器具
  TOP背筋を鍛える器具チューブスリマー

チューブスリマー(ボート漕ぎ運動)で背中を引き締める

ボート漕ぎのような運動ができるチューブです。両足を輪に固定してチューブを引っ張ることで、たるんだ背中や二の腕を引き締めます。



 目次
 1. チューブスリマーの運動効果
 2. ボート漕ぎ(ローイングマシン)との違い
 3. チューブスリマーの詳細

チューブスリマーの運動効果

手軽にボート漕ぎ運動

ボート漕ぎ運動をするには、ローイングマシンが必要で、大掛かりになってしまいます。 その点、チューブスリマーなら、手軽にボート漕ぎ運動ができます。

背中の贅肉を落とす

ボート漕ぎ運動は、全身を使う運動で、特に広背筋や僧帽筋、脊柱起立筋など、背中の筋肉が使われます。 腰周りの筋力も強化されるので、腰痛の予防などにも効果的です。

二の腕を引き締める

ボート漕ぎ運動は、腕を曲げ伸ばしする動作で、上腕二頭筋や上腕三頭筋も使われ、二の腕を引き締めることができます。

肩こりを和らげる

僧帽筋の血行が悪いと肩こりになります。 僧帽筋は、肩甲骨から首にかけての筋肉です。 ボート漕ぎ運動では、肩甲骨を動かすことで、首の下周辺の僧帽筋が使われ、血行を促進します。

太ももの筋肉を強化

ボート漕ぎのように、ハンドルを引くと同時に膝を伸ばしていけば、レッグプレスのようになり、太もも前側の筋肉(大腿四頭筋)が使われます。

ボート漕ぎ(ローイングマシン)との違い

負荷がかかり続ける

ボート漕ぎはオールを引いたら、上半身に入っている力が抜けます。 一方、チューブスリマーは、ハンドルを引いた状態では、チューブの戻る力に耐えなければなりません。 よって、チューブが少しでも伸びている限りは、背筋や腹筋などに負荷がかかり続けています。

立って使える

立って使えば、背筋力テストのような動作になり、脊柱起立筋や肩の筋肉である三角筋後部を強化できます。 ハンドルを持つ手のひらの向きを変えれば、上腕二頭筋のトレーニングになります。

チューブスリマーの詳細

チューブスリマー
La-VIE(ラヴィ)
チューブを脚に掛けて、伸ばす時に背筋・二の腕を刺激し、チューブの戻る力により腹筋を鍛えます。
チューブスリマー ハードタイプ
La-VIE(ラヴィ)
上記よりも太いチューブを使用しています。
マルチローイングジムDX
アルインコ
腹筋と人気のあるボート漕ぎ運動がセットになったマシン。
ローイング、シットアップ、プッシュアップ、アームカール、レッグエクステンション、レッグカールの6種類のエクササイズが出来るマルチジムです。
体重制限100kg
サイズ:W65.5×D104×H63cm、重量12.5kg





プライバシーポリシー