筋トレ器具・ストレッチ器具
  TOP上半身を鍛える器具フラットベンチ

フラットベンチでダンベルトレーニング

ベンチプレス、フライ、アームプルオーバー、ワンハンドロウなど、ダンベルトレーニングには欠かせないアイテム。耐荷重の大きなベンチなら高負荷でも安心です。



 目次
 1. フラットベンチの筋トレ種目
 2. フラットベンチの詳細
 3. フラットベンチの種類

フラットベンチの筋トレ種目

プッシュアウェイ 鍛えられる筋肉:上腕三頭筋
@図1.片手でダンベルを持ちひじをおなかのあたりに固定します。また、反対側の手とひざをフラットベンチに乗せ、体と床が平行になるようにします。
A図2.ゆっくりとひじを伸ばしてダンベル引き上げ、ゆっくりと元の姿勢に戻します。

プローンラタラルレイズ 鍛えられる筋肉:肩(三角筋)
@図1.フラットベンチでうつ伏せになり、手のひらを内側に向けて両手にダンベルを持ちます。
A図2.腕が床と水平になるくらいまで両腕を振り上げ、ゆっくり戻します。

ダンベル・ベンチプレス 鍛えられる筋肉:大胸筋、上腕三頭筋
@図1.フラットベンチに仰向けになって両手にダンベルを持ち、両ひじを体の外側に向けて胸を広げます。
A図2.両手をゆっくりとまっすぐ引き上げ、ゆっくり下ろします。

ダンベル・フライ 鍛えられる筋肉:大胸筋
@図1.フラットベンチに仰向けになって両手にダンベルを持ち、ひじは伸ばさずに少し曲げておきます。
A図2.大胸筋に意識を集中しながら、胸の上までダンベルを上げ、ゆっくり戻します。
ベンチプレスやプッシュアップと比べて、大胸筋の内側が鍛えられます。

アームプルオーバー 鍛えられる筋肉:大胸筋、前鋸筋
@図1.フラットベンチに仰向けになって両手でダンベルを持ち、胸の上に位置させます。
A図2.ゆっくりと背伸びをするようにダンベルを頭の下まで下ろし、ゆっくり戻します。

ワンハンド・ダンベルロウ 鍛えられる筋肉:広背筋、僧帽筋
@図1.片手でダンベルをぶら下げ、反対側の手とひざをフラットベンチに乗せ、体と床が平行になるようにします。
A図2.ゆっくりとダンベルをおなかの横あたりまで引き上げ、ゆっくりと元の姿勢に戻します。
腕の力ではなく、背中の筋肉を使うことを意識してダンベルを引き上げます。

プローン・レッグレイズ 鍛えられる筋肉:脊柱起立筋、大殿筋
@図1.フラットベンチでうつ伏せの状態になり、両脚をベンチの外に出し、両手でベンチをつかみます。
A図2.上体を動かさず、ひざを曲げないように両脚を上げていき、ゆっくりと元の姿勢に戻します。

ダンベル・レッグカール 鍛えられる筋肉:ハムストリングス
@図1.ベンチにうつ伏せになり、先端につかまって体を安定させ、足にダンベルを固定します。
A図2.脚がベンチと垂直になるくらいまで、ゆっくりと脚を上げていき、ゆっくり元に戻します。


シーテッド・カーフレイズ 鍛えられる筋肉:下腿三頭筋、前脛骨筋
@図1.フラットベンチに座ってつま先を台の上に乗せ、ダンベルをひざの上に乗せます。
A図2.かかとを上へ持ち上げ、ゆっくり元に戻します。

フラットベンチの詳細

フラットベンチ 折りたたみ式【耐過重300kg】
YouTen
7大改良した新タイプ!折りたたみ式フラットベンチを徹底的に見直しました。
サイズ:W38.5×D105×H43cm、重量11kg
フラットベンチEX
アイロテック
ダンベルトレーニングには欠かせないマストアイテム。安定性の高い3点支持構造フレームを採用し6cm厚の硬めのクッション性の良いシートはホールド感も抜群。
サイズ:W66×D110×H42cm、重量13kg
フラットベンチ 耐荷重200kg
リーディングエッジ
筋トレ・ダンベルトレーニングに最適!耐荷重200kg、極太フレーム&極厚シートのフラットベンチです。
サイズ:W61×D110×H42cm、重量12kg
ダンベルトレーニング 4点セット
eSPORTS
◆フラットベンチ(固定式・耐荷重200kg)
サイズ:L110×W61×H42cm、重量12kg
◆ラバーダンベル 20kg×2
◆トレーニングフロアマット
サイズ:L150×W100×厚さ0.6cm,重量2.6kg
トライアルセットR40
アイロテック
様々なトレーニングができるフラットベンチとダンベルのセットです。
◆ベンチサイズ:W61.5×D117×H41cm、重量10kg
◆ラバーダンベル 20kg×2個

フラットベンチの種類

フラット&シットアップベンチ
腹筋や腸腰筋などを鍛えるのに役立ちます。
角度を変えればフラットベンチになります。
フラット&インクラインベンチ
大胸筋上部などを鍛えるのに役立ちます。
角度を変えればフラットベンチになります。





プライバシーポリシー