筋トレ器具・ストレッチ器具
  TOP上半身を鍛える器具アームバー

アームバーで大胸筋と広背筋・前腕を鍛える

スプリングの戻る力に逆らいながら曲げることで、上半身を強化できる手軽な器具。前腕も鍛えられます。



 目次
 1. アームバーの筋トレ効果
 2. アームバー(一般型)
 3. アームバー(強度調整型)

アームバーの筋トレ効果

大胸筋に負荷が集中する

アームバーは大胸筋を鍛えるのに手軽で最適な器具です。 ベンチプレスよりもフライの動作に近く、集中的に大胸筋に負荷をかけることができます。 ベンチプレスで腕が疲れた後に、大胸筋を追い込むために使うのも効果的です。

上半身へのアームバーの効果

アームバーは、肩関節を内転させる動きに当たり、大胸筋の他に、広背筋がよく使われます。 広背筋が発達すると、「逆三角形の体」になります。 また、アームバーの動作は、野球やゴルフのスイングでのボールを押し込む後腕の動きと同じなので、パンチ力、飛距離のアップにも効果的です。

前腕へのアームバーの効果

前腕に注目すると、アームバーの動きは、スピネーションの動きに該当します。 特に、回外筋が強化されるので、テニス、バドミントン、卓球などのバックハンドなどに効果的です。 回外筋は、容器のフタを閉める際に使われる筋肉でもあり、前腕を太くすることもできます。

アームバーの負荷

強度30kgのアームバーなら初級者、40kgは中級者、50kgは上級者向けです。 強度調整可能なアームバーを選べば、何本も揃える必要がなく、トレーニングの幅が広がります。

アームバー(一般型)

アームバー 30kg
La・VIE(ラ・ヴィ)
あらゆるスポーツの基礎トレーニングに。大胸筋、腕、肩などが鍛えられます。
アームバー 50kg
La・VIE(ラ・ヴィ)
大胸筋、腕、肩などが鍛えられます。どこでも気軽にトレーニングできます。

アームバー(強度調整型)

トレーニングダンパー
マクロス
持ち手の位置を変えれば強度調節可能です。
グリップ外側を握ると35kg、グリップ内側を握ると45kgです。
重量約2.3kg。
マッスルモンスター アームバー 30kg 〜60kg 調整可能
大胸筋と腕を短期間で鍛える為に開発された筋トレマシーンです。
自分のレベルに合わせて30kg・40kg・50kg・60kgに負荷を調整できます。





プライバシーポリシー