筋トレ器具・ストレッチ器具
  TOP筋トレ器具の効果スクワット

ラクに脚の筋肉を強化!スクワットを補助する器具

脚の筋肉を維持するには、ウォーキングだけでは難しく、スクワットなどの筋トレが必要です。正しい姿勢でスクワットを行うことで、膝や腰への負担を少なく、効率よく筋肉をつけることができます。



 目次
 1. スクワットの筋トレ効果
 2. スクワットを補助する器具

スクワットの筋トレ効果

脚の筋肉は衰えるのが早い

歳をとるにつれて筋肉は衰え、とくに脚の筋肉は著しく衰えていきます。 脚の筋肉を維持するためにウォーキングが推奨されますが、これだけでは筋肉はつかず、維持するのも難しいと言われます。 筋肉をつけるには、ウォーキングよりも大きな負荷をかける必要があります。

スクワットが最適

脚の筋肉をつけるには、スクワットが最適です。 スクワットでは、体の部位で最も衰えるのが著しい、太ももの筋肉を鍛えることができます。 また、基礎代謝を上げる、血糖値を下げる、成長ホルモンを分泌させるなどの効果も得られます。

基礎代謝が上がる

筋肉がつくと基礎代謝が上がります。 太ももは、最も筋肉量の多い部位なので、基礎代謝が大幅に上がります。 基礎代謝が上がると、何もしていない安静時も、余分なカロリーを消費してくれます。

ウエストが細くなる

体の中で、最も脂肪がつきやすいのは、お腹です。 逆に言えば、脂肪が落ちやすい部位でもあります。 基礎代謝が上がると、お腹の脂肪から落ちていくので、ウエストが細くなります。

成長ホルモン

筋トレをすると、成長ホルモンが分泌されます。 成長ホルモンは、筋肉をつけたり、体脂肪燃焼などの働きがあります。 スクワットは、太ももの大きな筋肉に負荷をかけるので、成長ホルモンの分泌が促進します。

血糖値を下げる

太ももの筋肉を動かすことは、エネルギーをたくさん消費するので、血糖値を下げることにもなります 食後血糖値が高くなる時間帯にスクワットをすることで、余分な血糖が体脂肪になるのを防ぐことができます。

スクワットを補助する器具

腰や膝への負担を軽減

運動に慣れていない方がスクワットを行うと、十分な効果が得られなかったり、膝や腰を痛める恐れもあります。 そのような場合には、関節などへの負担を減らして、正しい姿勢でのスクワットができる器具もあります。

スクワットを補助する器具の詳細

スクワットマジック
立ち上がる際に、反発力により関節への負担を少なく、正しい姿勢でのスクワットをサポートしてくれる器具です。
負荷は3段階調整、耐荷重110kg。
スクワットベンチ
ヒップ、太もも、ふくらはぎ、お腹の筋肉も鍛えられるスクワットマシンです。
どんな体格でも適用される6段階調整、耐荷重150kg。





プライバシーポリシー