プッシュアップバーで大胸筋への負荷を大きくする

トップ > 筋トレ器具の効果 > プッシュアップバー

 

プッシュアップバーで筋トレ
プッシュアップバーは、腕立て伏せの効果を高める筋トレ器具です。
プッシュアップバーで腕立て伏せを行うと、
胸の位置を手より下まで下ろすことができ、
胸や肩の筋肉の可動域が広くなり、負荷を大きくできます。
高さのあるプッシュアップバーなら、さらに効果的です。両手の間隔で効果が変わる
腕立て伏せでは、主に大胸筋と上腕三頭筋が使われ、
両手の間幅によって、使われる割合が変わります。
肩幅程度の間隔で行うと、上腕三頭筋が多く使われ、
間隔を広げていくにつれて、大胸筋が使われます。
肩幅より広めで行うと、使われる筋肉の割合は
大胸筋が70%、上腕三頭筋が30%ほどです。

手首への負担が少ない
床で腕立て伏せを行うと手首が直角に曲がります。
プッシュアップバーを使うと45度くらいで行え、
手首に負担が掛かりません。

また、グリップにスポンジで巻かれているので、
手の平が圧迫されず、回数をこなすことができます。

回転式プッシュアップバー
グリップが回転するプッシュアップバーです。
腕立て伏せの際に、胸や腕の筋肉に加えて、
姿勢を安定させる筋肉も使うので、負荷が大きくなります。
回転することにより、手首にかかる負担が軽減され、
使い方次第では、前腕を太くすることもできます。
また、上に立ってツイスト運動が行えるタイプもあり、
ウエストのシェイプアップもできます。

Wモンスターマンローラー
左右の手に持った2個のローラーを横に転し戻す動作で、
大胸筋に強烈な負荷をかけることができます。
ストッパー付きなので、安全にトレーニングができます。
前後に動かすと腹筋ローラーと同じ効果があります。

プッシュアップバー+チューブ
プッシュアップバーにチューブを結わき、
首にかけて腕立て伏せを行う方法です。
肘を伸ばしていくにつれて、チューブも伸び、
腕を伸ばし切ったときに負荷が最大となります。
腕立て伏せの負荷に、15kgくらいの負荷をプラスできます。
背中に15kgの重りを乗せて行うのは難しいですが、チューブなら簡単で安全です。

プッシュアップバーの通販

プッシュアップバー
トータルフィットネス
プッシュアップバーを置く位置、角度、幅を変えることによって、腕、肩、胸のさまざまな部分を強化できます。
パーフェクトプッシュアップ エリート
ベアリングシステム搭載でスムーズに回転。360度回転するため、ご自身の柔軟性に合わせたトレーニング可能です。耐久重量は136Kg。

他のプッシュアップバーはこちらです。